真心サービスをもって、輸送空間の創造へ。 宝塚タクシーグループ

24時時間365日お電話お待ちしております。

お迎え料金0

真心サービスを持って、輸送空間の創造へ。

宝塚タクシーグループ運輸安全マネジメント

1 .運輸の安全に関する基本方針

私達 公共の輸送に携わる者は、「輸送の安全確保」が最重要使命であります。車輌の点検整備はもとより全社一丸となって「安全」に対する意識を共有し、その実現を図り、経営者としても法令遵守を基本とした事業運営をしていくことが最優先事項と考えます。 宝塚タクシーグループは「お客様の大切な生命を預かる輸送機関」としての責任の重大性を再認識し、更なる「安全最優先」の企業風土の構築を目指し、以下の点を実行する事を誓い、ここに「輸送の安全に関する基本方針」を策定します。

  1. 関係法令を遵守する。
  2. 安全最優先の企業風土を構築し維持する。
  3. 安全管理体制の継続的改善等を実施する(PDCAによるマネジメント)

2. 輸送の安全に関する重点施策

  1. 輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底し、関係法令及び、安全管理規定に定められた事項を遵守すること。
  2. 輸送の安全に関する費用支出及び投資を積極的かつ効率的に行うよう努めること。
  3. 輸送の安全に関する内部監査を行い、必要な是正措置又は予防措置を講ずること。
  4. 輸送の安全に関する情報の連絡体制を確立し、社内において必要な情報を伝達、共有すること。
  5. 輸送の安全に関する教育及び研修に関する具体的な計画を策定し、これを適確に実施すること。

3. 輸送の安全に関する計画

  1. 計画
  2. 自動車事故対策機構の行う適性診断を活用し、全乗務員の運転状況等を把握すると共に、安全教育の年間計画により乗務員に対する教育を実施。春、秋の全国交通安全運動及び、夏の事故防止運動、に合わせ、事故防止運動を重点的に行っています。また、日々の点呼において、乗務員ごとに安全運転目標を設定させ、毎日の安全運転向上に努めさせています。経営トップの安全に対する意識を速やかに効率的に伝達する為に、またあらゆる情報収集を効率的に行い、安全の為の内部チェックと改善の為に【事故防止委員会】を設置し、年2回開催しています。トップの意識を現場に反映させ、現場の意見をトップに伝えるパイプ役であると同時に、輸送の安全に関する事柄をあらゆる場面を通じて現場に波及させていくことになります。
  3. 実施
  4. 安全運転支援ツールとして、ドライブレコーダー、アルコール検知器を導入しております。
  5. ドライブレコーダーの導入について
  6. 宝塚タクシーグループでは、より安全運行・接客サービスの向上の為、平成22年9月から、ドライブレコーダーの導入を開始いたします。ドライブレコーダーの導入により、事故が発生した場合の原因究明や事故防止対策、安全教育への活用など安全に対する取り組みをより強化してまいります。
  7. ドライブレコーダーとは?
  8. 「ドライブレコーダーとは、事故やニアミスなどにより急ブレーキ等の衝撃を受けると、その前後の映像とともに、加速度・ブレーキ・ウインカー等の走行データを、メモリーカード等に記録する装置のことです。」「これにより事故やニアミスの状況が記録されるため、事故等の映像を利用して乗務員の安全教育へ活用できるとして運送事業者で普及が進んでおります。」
  9. ドライブレコーダーの効果
    1. 運転態度の改善
    2. ドライブレコーダーを取り付ける事で「記録されている」という事から、乗務員に安全運転の意識を向上させることができます。また、ドライブレコーダーに記録された映像を活用する事によって、乗務員の安全運転指導等を行うこともできます。
    3. 接客サービスの再確認
    4. 室内カメラの活用により、従業員の接客サービスの再確認が行えます。
    5. 事故処理の迅速化
    6. 記録された映像を参考にして、事故処理の迅速化を図ることができます。
    7. エコドライブの推進
    8. 安全運転をすることはエコドライブ(省エネ)運転にもつながります。安全運転を推進しながら、エコドライブの推進も行うことができます。
Responsive image
Responsive image
Responsive image
Responsive image

4. 輸送の安全に関する目標及び当該目標の達成状況

2021年度の安全目標

  • 運転中は、集中!常に危険を予知し、「かもしれない運転」を実践する!
  • 急がず、あせらず、安全な車線変更!
  • 駐車時の確実な確認!

[タクシー]

  • 死亡事故・・・ゼロ
  • 重大事故・・・ゼロ
  • 対人事故・・・前年比5%減
  • 対物事故・・・前年比3%減

[貸切バス]

  • 死亡事故・・・ゼロ
  • 重大事故・・・ゼロ
  • 対人事故・・・ゼロ
  • 対物事故・・・ゼロ

2020年度の安全目標

[タクシー]

  • 死亡事故・・・ゼロ ※達成
  • 重大事故・・・ゼロ ※達成
  • 対人事故・・・前年比10%減 ※不達成
  • 対物事故・・・前年比10%減 ※不達成

[貸切バス]

  • 死亡事故・・・ゼロ ※達成
  • 重大事故・・・ゼロ ※達成
  • 対人事故・・・ゼロ ※達成
  • 対物事故・・・ゼロ ※達成

5. 自動車事故報告規則第2条に規定する事故の統計

項目 件数
自動車が転覆し、転落し、火災(積載物の火災含む)を起こし、または踏み切りにおいて鉄道車両と衝突若しくは接触したもの 0件
死傷者又は重傷者(自動車損害賠償法施行令第5条第2項又は第3号に掲げる損害を受けた者をいう)を生じたもの 0件
操縦装置又は乗降口の扉を開閉する操作装置の不適切な操作により、旅客に自動車損害賠償保障法施行令錆5条第4号に掲げる障害が生じたもの 0件
運転者の疾病により、事業用自動車の運転を継続することができなくなったもの 0件
かじ取り装置、制御装置、車枠、車軸、車輪(タイヤを除く)又はシャシばねの破損又は脱落により自動車が運行できなくなったもの 0件
全各号に掲げるもののほか、自動車事故の発生の防止を図る為に国土交通大臣が特に必要と認めて報告を指示したもの 0件
総件数 0件

6. 輸送の安全に関する内部監査結果及びそれを踏まえた措置内容

  • 年1度、内部監査を実施する。